新電力2.png

新電力について

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。各地域の電力会社の供給区域各地域の電力会社の供給区域2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになりました。

電力切替のメリット

67989453630e698a935b1239d230e25a_m.jpg

+αのサービス

電気の提供以外にどんなサービスが受けられるのか、ポイントが付いたり、ギフト券が付いてきたりと、サービスの内容は多種多様。
内容を吟味し、自分にとって本当に必要なサービスなのか考えて決めましょう。

5588761d3961c1cf91db6bd5cae78271_m.jpg

電気料金を安くできる

新電力の多くがお客様に選んでもらうために、さまざまな企業努力を行なっています。その一つがズバリ電気料金の値下げです。

​​その中で自分のライフプランに合っている電力会社に決めましょう。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_m.jpg

環境保護、地域活性化

環境保護、地域活性化など社会貢献を経理理念に掲げている新電力も多く、そのような新電力を選ぶことで、さまざまな貢献活動に寄与することができます。

電力の小売自由化とは

電力の小売自由化とは、東京電力や関西電力などの大手電力会社10社以外でも、
電力会社を設立でき、自由に電気を売れることを意味しています。
そのため、日常で電気を利用している私たちは、大手10社以外の様々な電力会社から
電気を買うことができるようになりました。

スクリーンショット 2020-01-20 12.59.11.png

電気料金が安くなる

全面的な小売自由化が決定する以前は、一般家庭の私たちは大手10社以外から電気を買うことはできませんでした。
しかし、2016年からは小売自由化に伴い、新電力会社が登場してきたことで価格競争が行われることになりました。
この価格競争により、電気料金を低下させることが可能になったのです。

電力会社の選択肢が増える

大手10社の独占的な市場から一転、様々な新電力会社から電気を買えることになったので、電気料金が安いプランのものを選んだり、クリーンなエネルギーで生み出されている電力会社を選べるようになりました。
様々な選択肢があることによって、電力会社の競争を促して、健全な市場を形作るために、小売自由化は実現されました。
これによって私たちも、任意の電力会社を選べるようになったのです。

新電力でも昔の電力会社でも “供給” は変わらない

電力の小売自由化が決定された今では、様々な新電力会社が消費者のニーズに合った多くのプランを提示してくれています。
大手10社と比べて豊富なプランや電気代の安さがあって魅力的ですが、大手ではない分、不安もあると思います。
「もし倒産したら電気が使えなくなるかも……」「停電しそうで信頼できない……」と考えてしまいます。
ですが、新電力も大手10社も “電気の供給” は変わりません。新電力に切り替えたとしても、生活できるための電力量は同じです。
だからこそ、「新電力は停電しやすい」わけではないのです。
それどころか新電力で生活スタイルに合ったプランを活用すると、電気代を節約できます。
「夏にはクーラー、冬に暖房使いすぎて電気代が高い…」など、電気代についてお悩みなら、新電力への切替えがおすすめです。