lib3.png

蓄電池システム
について

太陽光発電の固定価格での買取期間が2019年11月以降順次、満了します。

「災害などへの備え」、「電気を賢く使う」ことができる蓄電池やHEMSを導入して高い電気を買うのではなく、ご自宅で使用して節約できるスマートハウスに注目が集まっています。

ご自宅がスマートハウスに向いている家なのか、一度プロのコンサルティングを受けて見ることをおすすめします。

蓄電池システムの概要

80bc715931a7e4a93be80b96f0c553fa_m.jpg

最先端の暮らし

2020年には新築のおうちに蓄電池が搭載されているのが当たり前になると言われています。
最先端な暮らしを家族でいち早く取り入れましょう。快適な生活になること間違いなし!

pv3.jpg

停電保険

停電時には、家電製品などに、蓄電池で貯めた電気を使用することができます。また、太陽光発電でつくった電気を充電することも可能で、繰り返し使用できます。万が一の災害で、長期間電気が使えなくなっても、太陽光発電+蓄電池のシステムでご自身の家族に加え、ご近所さんも助けることができます。

eaf5f1beeb06b4c0dfc2b89f056a5020_m.jpg

環境にやさしいエコな生活

蓄電池を使用すれば電力の面でより自給自足に近い生活を手に入れることができます。太陽光発電とセットで導入することで自然に優しいライフスタイルを築くことができます。

蓄電池システムの仕組み

蓄電池.png
蓄電池2.png

組み合わせ次第で光熱費を年間で80%以上削減できることもあります。

太陽光発電とHEMS、オール電化とを組み合わせれば、発電した電気をさらに有効に使え、大幅な光熱費の削減が期待できます。
この創エネ・蓄エネ・省エネを組み合わせたシステムは長く使えば使うほどご家庭のコスト削減に繋がります。
※ご家庭の条件により異なります。

発電した電気を使用し、余った電力は売電可能

昼間、使わなかった電気を電力会社へ売電します。
更に、発電しない夜間や発電量が落ちる雨天時でも蓄電池があれば電力会社から深夜の安い電気を買っておいて、それをまかなうことができます。このように、太陽光発電を有効活用すれば高い昼の電気を買わずに済むのでコストダウンが可能になります。